カクテルツアーズはグアテマラ、ホンジュラス、ベーリーズ、エルサルバドル、の旅行をお手伝いします お問い合わせはこちらから

グアテマラの美術館・博物館

グアテマラの美術館と博物館をご紹介します。
是非一度足を運ばれてはいかがでしょうか?
もちろんツアーもございます。お問い合わせ下さい。

美 術 館 ・博 物 館 < Museo >


考古学民俗学博物館 Museo de Nacional de Arqueologia y Etnologia

各地の石碑や祭壇など、考古学ファンには、はずせない観光地。
特にマヤ人のエリート層が使用した装飾品,翡翠の部屋(日曜は閉館)は必見。
民俗学的にも各地方の民族衣装が展示されていて興味深い。
見学には最低1時間半はみた方がいいでしょう。

住所:Finca la Aurora Zona13 / 入場料:Q60 
開館時間:火〜金9:00-16:00・土日:9:00-12:30 ,13:30-16:00


イシチェル民族衣装博物館 Museo “Ixchel”

民族衣装がきれいに飾られている博物館。
又、先住民の生活の仕方が良く描かれている絵も興味をひく。
織物の行程が良くわかるDVDもあります。
民芸品売り場は値段は少し高いがいい商品がおいてあります。
私立大学のフランシスコ・マロキン大学構内にありますので学内のカフェで食べてみるのもいいかもしれません。
見学には約1時間はみた方がいいでしょう。

住所:6a Calle final Zona10 Campus Universidad Francisco Marroquin / 入場料:Q35
開館時間:月〜金:9:00〜17:00 / 土:9:00〜13:00

ポポル・ブフー博物館 Museo Popol Vuh

イシチェル博物館の隣にある博物館で、マヤ考古学に興味のある人は行ってみるといいだろう。
又少ないがコロニアル時代のものも展示されています。
見学には約1時間はみた方がいいでしょう。 

住所:6a Calle final Zona10 Campus Universidad Francisco Marroquin / 入場料:Q35
開館時間:月〜金:9:00〜17:00 土:9:00〜13:00

ミラフローレス博物館 Museo MiraFlores

カミナルフユ遺跡付近から発掘された陶器等が展示されています。
カミナルフユの時代はここはミラフローレス湖と呼ばれていました。
しかし火山の噴火の影響でなくなってしまいました。
その名残りでショッピングモールもミラフローレス。
それに付属する形で博物館がついています。

住所:7Calle21-55 Zona11 / 入場料:Q40
開館時間:9:00-18:00

カサミラ博物館 Museo Casa Mima

旧市街の中心地Zona1の中心にあり、19世紀から20世紀半ばのフレンチネオロココ調や中国の家具がオーナーが住んでいた状態のまま展示されています。

住所:8a Avenida 14-12 Zona1 / 入場料:Q25
開館時間:月〜金 9:00〜12:30 14:00〜17:00

軍博物館Museo del Ejercito

Mercado la Placitaとシビックセンターを見下ろす元要塞にあり、旧市街を見下ろすにはいいところである。
中米連邦をグァテマラから離脱してから再結成を目論む他の中米の国からの侵入を防ぐ為に要塞として再編されました。
砲台も残り、館内には軍人のアクセサリーや当時の銃等が展示されています。
グァテマラの軍政を学ぶには格好の博物館です。
同じ敷地内には1967年にノーベル文学賞をとったミゲル・アンヘル・アストゥーリアスの名前を冠した劇場がある。

住所:24 Calle 3-81 Zona 1 Interior Centro Cultural Miguel Angel Asturias / 入場料:Q10
開館時間:月〜土:9:00〜15:00

お問い合わせはこちらから

ツアーのご予約、ご質問等が御座いましたらお気軽にご連絡下さい。

→メールフォームでのお問い合わせ

メールフォームが開かない場合や添付ファイルを送りたい場合は、下記のメールアドレスよりご連絡下さい。
→メールでのお問い合わせ:info@cocktailtours.com